participation of JPBA - 日本プロボディボード連盟

理事・選手参加規定

(主旨)
第1条
本規定は、日本プロボディボード連盟(以下<JPBA>とする)の理事と選手の参加について定める。

参加とは、ボディボーディングとその競技を心から愛している者が、日本に於いてのボディボーディングを、スポーツとしてさらに普及発展させる意志を持ち、それらを目的に自ら申請するものである。


(選手及び理事) 本規定による選手、理事は次の者とする。
第2条
(1)選手
JPBAに参加を希望するアマチュア選手及び、JPBA公認プロ選手、外国人プロ選手に分類される。外国人プロは「日本人国籍を有しない選手」とする。

(2)理事
JPBA理事となることを希望し、理事会の過半数の賛成を得た者。


(3)理事長、理事、役員の任期
理事長、理事、役員の任期は3年とする。


(理事と選手の兼任)
第3条
理事が選手を兼任する場合、事前にJPBA理事への申請、承認が必要となる。


(プロフェッショナル選手公認継続)
第4条
通年3月25日〜3月31日に、JPBAプロフェッショナル選手公認継続手続きの申告を受け付けるものとする。期間中に申請を出せるのは「JPBAまたはJOB公認プロの認定を受けているもの(一般プロを含む)」に限る。


(プロフェッショナル選手公認の継続申請方法)
第5条
JPBA公認継続申請はJPBAが定める方法で期限内に手続きをする。さらに公認継続料¥30,000-を所定の口座まで入金する。入金締切は4月10日入金確認分とし確認された時点で公認継続完了とする。4月10日が土曜日、日曜日、祝日の場合は、次の金融機関営業日とする。


(プロフェッショナル選手公認申請資格)
第6条
JPBAプロ公認認可はJPBAが定める次の項目に該当する選手のみ認めるものとする。

  ・プロトライアル合格選手
  ・TOP16、トップシードラウンド進出選手(スポンサーシード選手は除く)
  ・賞金獲得ラウンド進出選手

   ※ただしDKクラスにおいてはファイナリストのみがプロ宣言を認める。
   ※DKクラスの参加者が8名以下の場合は上位2選手のみ宣言が出来る。


(公認プロフェッショナル選手検定)
第7条
本年度も公認プロフェッショナル選手検定を実施する。
4人もしくは5人にてヒートを行い、設定された合計点を満たした選手にはプロ公認の権利を与える。
プロトライアル受験料は20,000円とする。
プロトライアルは誰でも参加が可能で、プローン・DKのスタイルは問わない。

合格基準およびヒート時間は当日の状況を考慮しヘッドジャッジが決定する。
合格者で翌日からの試合に参加する選手は、公認料およびエントリー費の差額を支払い公認プロとして参加可能とする。


(プロフェッショナル選手公認の有効期間)
第8条
JPBA公認プロフェッショナル選手としての有効期間は、毎年度3月31日までとする。


(ツアーシリーズイベント参加費用・参加方法)
第9条
JPBAに納付するツアーシリーズイベント参加費は次の通りとし、JPBAの会計に組み入れるものする。(但し他の団体公認試合、特別イベント等は別に定めるものとする)

参加費  JPBA公認プロ選手   ¥15,000-
     外国人プロ選手     ¥20,000-
     アマ選手       ¥12,000-

参加方法はスケジュールに定める参加申請期間内に、JPBAツアーシステムログイン画面より情報を送信し、その送信を以って参加申請とする。期間内の申請データをまとめ、公認プロの昨年度上位選手から優先して組み入れるものとする。公認プロを除いた残数に海外招待選手を優先的に組み入れたアマ選手を昨年度のランキング順に組み入れるものとする。
エントリー申込みは締切り時に枠が確定した時点で成立し、その後の参加するしないに関わらずエントリー費を支払うものとする。その支払いが完了していないまま次のイベントには参加申請が出来ないものとする。
※参加申請期間は事前に発表された期間に準じ、締め切り以後の受付は一切しないものとする。
※すべての枠決定にはプログラム(乱数)を使用する。


(重複参加)
第10条
プローンクラスとDKクラスの重複参加に付きましては、通常参加費の支払いを持って参加を認めるものとする。
連続ヒート等、重複参加選手の都合によるイベントスケジュールの変更は出来ない場合もありうる。(JPBAとしては参加選手の状況に最大限合わせる努力をするものとする。)


(表彰・賞金)
第11条
賞金枠および賞金額は参加人数枠に応じて下記のように定めるものとする。(単位 万円)

○プローンクラス

人数枠 1位 2位 3位 4位 5位 7位 9位
34名 10 5 3 2 1    
40名 10 5 3 2 1    
51名 12 6 4 2 1 0.5  
60名 14 8 4 3 2 1  
68名 15 8 5 3 2 1 0.5
80名 18 9 5 3 2 1 0.5


○ドロップニークラス

人数枠 1位 2位 3位 4位 5位
32名 8 4 2 1 0.5
16名 4 3 2 1  
8名 3 2 1 0.5  


また、公認プロ以外の選手の賞金の扱いについては次の通りとする。
・アマチュア選手
 獲得賞金額の50%額相当のギフト券を授与いたします。
・外国人プロ選手
 公認プロと同じ賞金額を受け取ることが出来る


(記載事項の変更連絡・プロ宣言)
第12条
各種登録の記載事項に変更が生じた場合、速やかにJPBA事務局まで連絡するものとする。
シーズン途中で権利を得てプロ宣言する場合は、その旨をJPBA事務局まで連絡し、受理した時点で宣言を有効とする。よって権利を得たイベントの賞金は受け取ることが出来ないものとする。
シーズン途中でのプロ転向の際支払う公認料は一律30,000円とする。
プロ宣言の有効期限は翌年度の公認プロ登録期間までとする。


(シード権)
第13条
本年度シード権は、昨年度、本年度のJPBAランキングを参考に設定シード枠へ上位選手より組み入れるものとする。 シード権は、下記のように定めるものとする。
 a. 1stイベントでは、前年のランキング
 b. 2ndイベントでは、前年のランキングと1stイベントのランキング
 c. 3rdイベントでは、前年のランキングと1st・2ndイベントのランキング
 d. 4thイベントでは、前年のランキングと1st・2nd・3rdイベントのランキング
 e. 5thイベントでは、前年のランキングと1st・2nd・3rd・4thイベントのランキング
 f. その後は、その年度のランキング

APBランキング選手が出場する場合はAPBとJPBAのランキングを同等に配慮しシード選手を設定する。 ただし、DKクラスの16人枠ではシードは採用しないものとする。


(登録事務)
第14条
JPBA事務局は、参加者からの申請受理、事務手続きを行うものとする。


(コンテスト内容)
第15条
JPBA公認のコンテストは下記のように行うものとする。

1.クラス(エントリー可能人数)

・メンズプローンクラス プロフェッショナル選手、アマチュア選手合わせて 64名
・ウィメンズプローンクラス プロフェッショナル選手、アマチュア選手合わせて 64名
・ドロップニークラス プロフェッショナル選手、アマチュア選手合わせて 20名
・ジュニアクラス メンズ、ウィメンズのアマチュア選手 20名
(ジュニアクラスは、2016年1月1日時点で18歳以下の男女混合のクラスとなります。)

※この人数枠はあくまでも基本フォーマットとし、イベント・状況によっては変更もありうるものとする。

2、ヒート組、ヒート時間、運営順序

 ・メンズ、ウィメンズプローンクラス
 メインラウンド(4人ヒート)      
   ラウンド1(1ヒート15分) 2ヒート  3ヒート 
   ラウンド2(1ヒート15分) 6ヒート  9ヒート 
   ラウンド3(1ヒート15分)    6ヒート 
   クォーターファイナル
   (1ヒート15分)
4ヒート   3ヒート 
   セミファイ(1ヒート20分) 2ヒート  2ヒート 
   ファイナル(1ヒート25分)
   合計   585分
1ヒート  1ヒート 
 ・ドロップニークラス
   ラウンド1(1ヒート15分) 2ヒート   
   ファイナル(1ヒート25分)
   合計   40分

   総合計  625分

1ヒート   

※状況に応じて参加人数枠、ヒート時間、順番が変更になる場合があります。
※プローンクラスのスポンサーシード、ローカルシード選手はセカンドシードに組み入れられます。

ページの先頭へ